×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1999年の金魚

♂蒲郡の魚だそうですが、大和郡山で買いました。
尾が弱くて、なんとも貧相。
♀同じく蒲郡産。こいつはふとみがあって気に入ったので
上の雄もついでに買いました。
なんとこいつの卵は赤いのです。
上の両親の子です。尾形が一番良かったので遺しました。
目玉ぎょろり。
うわみが良いと思えば横から見ると首筋がゴン。
いいのがないねえ。
♀こいつは、今は亡き巨匠大野三男先生の魚です。先生は更紗が嫌いだったので、「おい、これもっていけ」と格安で分けてもらいました。かえる目じゃないでしょ。
それから、♂は写真を撮る前にお亡くなりになりました。●●の●氏の魚で、宇野系の血の入った魚でした。
宇野系が入っているだけに素敵な面かぶりが、数匹とれました。
頭は全然。
頭がすぼみ、鰓に肉がもり、尾もいまいち。両魚筋の悪いところがみな出ました。